Google Snake-ヘビゲーム – Google Playのアプリ、History of Snake Venom Research | SpringerLink

ヘビ毒の歴史

これは、サブクリションコンテンツのプレビューであり、機関を介したアクセス.

Google Snake-ヘビゲーム

ゲームの歴史の中で、これはビデオゲームの世界で最も影響力のあるゲームです.

Google Snakeゲームは、あなたがヘビである楽しい体験であり、果物を食べるために大きくなることを目標にしています. あなた、ヘビは小さなヘビとして始まります. あなたが果物を食べ続けるなら、時間の経過とともにあなたのヘビは大きくなります. 壁にぶつかったり、尾にぶつかると、ゲームは終了します.

あなたのヘビが食べる果物のタイプはあなた次第です. Google Snakeには多くの種類の果物があります. デフォルトの果物はリンゴです. いくつかの追加の果物は桃、スイカ、ブドウなどです. Google Snakeは、選択できる多くのゲームモードも提供しています. メインのゲームモードは、オリジナルのGoogle Snakeです. このように、あなたの目標は、壁や尾にぶつかることではなく、たくさんの果物を食べることです. Google Snakeが提供する他のゲームモードのいくつかは、控えめなブロック、無限のマップ、テレポートヘビなどから選択できるものです。. プレイを始めて、すべてのゲームモードを試してください.

Google Snakeを使用すると、一度にマップに必要な果物の数を選択できます. 3つの選択肢は1、3、5です. あなたはまた、ヘビが行く速度を選ぶことができます. Google Snakeを使用すると、どの時刻とプレイしたいエリアを選択できますか. あなたは昼夜を選ぶことができます、そして火山や吹雪さえ. マップのサイズを選択することもできます. Google Snakeが提供する最もきちんとした機能の1つは、ヘビにしたい色を選択する選択です. 赤、緑、青、黄色、オレンジ、紫などの色. グーグルヘビにはたくさんのクールなことがあります. 楽しい

データの安全性

安全性は、開発者があなたのデータを収集して共有する方法を理解することから始まります. データのプライバシーとセキュリティの慣行は、使用、地域、年齢によって異なる場合があります. 開発者はこの情報を提供し、時間の経過とともに更新する場合があります.

ヘビ毒の歴史

ブックカバー

古代文明では、ヘビは地球の精神を体現しました. それは神であり、すべての宇宙ゴニーをクソしていました. エジプト人の信念によると, atoum, ヘビは、原始の海を出た後、神々に一日を与えました。. atoum 「残っている人」でした.e., 「こちら側」だった人と「先を行く人」.»

キーワード

  • ヘビ毒
  • コブラ毒
  • ヘビ毒毒素
  • インドのコブラ
  • ヘビ毒

これらのワードは著者によってではなく、機械によって追加されました. このプロセスはエクスペリエンスであり、学習アルゴリズムが改善するにつれてキーワードが更新される場合があります.

これは、サブクリションコンテンツのプレビューであり、機関を介したアクセス.

購入オプション

価格にはVAT(フィンランド)が含まれます

117ユーロの電子ブック.69価格にはVAT(フィンランド)が含まれます

ソフトカバーブックEUR 164.99価格にはVAT(フィンランド)が含まれます

税の計算は、チェックアウト時に最終決定されます

購入は個人使用のみです

プレビュー

プレビューを表示できません. プレビューPDFをダウンロードします.

参照

  • アクトン、h.w., ノウルズ、r.:熱帯における医学の実践. In:Byam、w., Archibald、r.g. (編.))). ロンドン:Frowde、Hodder、およびStouthton 1921 Google Scholar
  • アーサス、m.:CobraとCurare Venom. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 151, 91–94(1910)Google Scholar
  • アーサス、m.:ヘビ毒による中毒の比較生理学. アーチ. int. フィジオール. 11, 285–316(1912a)Google Scholar
  • アーサス、m.:ヘビ毒に関する研究. IV. 凝固剤およびアナフィラキシー毒. アーチ. int. フィジオール. 12, 369–394(1912b)Google Scholar
  • at’serstevens、a.:マルコポーロの本または世界の分割. パリ:Albin Michel 1955 Google Scholar
  • ベーリング、e. von、kitasato、s.:überdaszustandandekommen der diphtheriaeImmunitätundder tetanus-immunitätbeithieren. dtsch. 医薬品. wschr. 16, 1113–1114(1890)Google Scholar
  • ブリー、a. w.:Cobra de Capelloの毒. アナリスト(Lond.))) 1, 204–207(1877)Google Scholar
  • ボナパルト、l. l.:Sul Veleno Vipera Viectra Chemiche Chemiche. estratto della gazzetta toscana del scienze medico-fisiche、pp. 1–11(1843)Google Scholar
  • ボルデット、j.:凝集のメカニズム. アン. インストール. 牧師 13, 225–250(1899 A)Google Scholar
  • ボルデット、j.:血清による赤血球の凝集と溶解. アン. インストール. 牧師 13, 273–297(1899 b)Google Scholar
  • ボルデット、j.:細胞溶解血清の作用モードおよび同じ血清中のアレキシ​​ンの単位で. アン. インストール. 牧師 15, 303–318(1901)Google Scholar
  • ブレインド、d.:蛇の咬傷と毒矢の傷の性質と治療について. スミソニアンは1854年のGoogle Scholarを報告しています
  • ブラジル、v.:オフィディズムに対する防衛、第2版. サンパウロ:ワイス1914 Google Scholar
  • ブルーノ、s.:彼はネルフォークロアe nelle usanze magiche e rigiose della marsicaを巻きます. ユニバーソ 51, 443–460(1971)Google Scholar
  • ブルントン、t.l., フェイラー、j.:の毒の性質と生理学的作用について Naja Tripudiam その他のインドの毒ヘビ. Proc. r. 靴下. (ロンドン.)[Biol.。 22, 68–133(1874)Google Scholar
  • Buffon、g.l. DE:一般的および特定の自然史. パリ:Imprimerie Royale 1769–1770 Google Scholar
  • 穏やか、a.:ヘビ毒の研究への貢献. 動物予防接種および通りの治療. アン. インストール. 牧師 8, 275–291(1894)Google Scholar
  • 穏やか、a.:抗ノマス血清の注入によりヘビ毒で偏った動物の治療. ランセット 1896 ii, 449–450 Google Scholar
  • 穏やか、a.:Cobra Venomの溶血作用について. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 134, 1446–1447(1902)Casgoogle Scholar
  • 穏やか、a.:毒液、有毒な動物、およびそれ以外の血清療法. パリ:マッソン1907 Google Scholar
  • シャラス、m.:Viperでの新しい経験. パリ:Laurent D’Houry 1669 Google Scholar
  • シャラス、m.:andromachusのTheriac. パリ:Laurent D’Houry 1685 Google Scholar
  • ナイト、J., 横切って., ベルレニ、m.:シンボルの辞書. パリ:Seghers 1973 Google Scholar
  • チョプラ、r.ない., イスワリア、Y.:インドのコブラの毒の作用に関する経験豊富な調査 (ナジャ・ナジャトリプド人). インドj. 医薬品. res. 18, 1113–1125(1931)Casgoogle Scholar
  • カニンガム、d.d.:ヘビ毒の生理学的作用. SCI. 同じ. 医薬品. オフィス(インド軍) 9, 1(1895)Google Scholar
  • クシニー、a.r., ヤギ、s.:Cobra Venomのアクションについて. フィル. トランス. r. 靴下. ロンド. [Biol.。 208, 1-18(1918)Google Scholar
  • Delezen、c.:毒の動的作用について. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 135, 329–331(1902)Google Scholar
  • Delezen、c., Ledebt、s.:コブラ毒液の作用にさらされる卵から卵を犠牲にして、溶血性および毒性物質の形成. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 153, 81–84(1911a)Casgoogle Scholar
  • Delezen、c., Ledebt、s.:馬の血清に対するコブラ毒アクション. 彼の溶血との関係. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 152, 790–792(1911 b)Casgoogle Scholar
  • Delezen、c., Ledebt、s.:血清および卵のギリシャ語に由来する溶血物質の研究への新しい寄与は、コブ​​ラの毒の作用にさらされます. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 155, 1101–1103(1912)Google Scholar
  • Delezen、c., モレル、h.:核酸に対するヘビ毒の触媒作用. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 168, 244–246(1919)Casgoogle Scholar
  • Deoras、p. j.:インドのヘビ. ニューデリー:National Book Trust 1963 Google Scholar
  • Dumeril、a.m.vs., ビブロン、g.:一般的なエルペトロジーまたは爬虫類の完全な自然史. パリ:Encyclopedic Bookstore Roret 1854 Google Scholar
  • ダンガーン、e. von、coca、a.f.:überhämolysisdurch schlangengift. ミュンチ. 医薬品. wschr. 54, 2317–2321(1907)Google Scholar
  • ダンガーン、e. von、coca、a.f.:überhämolysisdurc kombination vonoelsäureoderoselsäurenatrium und kobra-gift. 生化学. z. 12, 407–421(1908)Google Scholar
  • Ehrlich、p., Morgenroth、j.:überhämolysin. クリン. wschr. 21, 453–458、681–687(1900)Google Scholar
  • エリオット、r.h.:インドのコブラ毒の作用の研究への貢献. フィル. トランス. r. 靴下. ロンド. [Biol.。 197, 361–406(1905)Google Scholar
  • エリオット、r.h., シラー、w.vs., カーマイケル、g. s.:の毒の行動について Bungarus coeruleus (一般的なクレイト). フィル. トランス. r. 靴下. ロンド. [Biol.。 197, 327–345(1905)Google Scholar
  • Pleiadeの百科事典:科学の歴史. パリ:ガリマード1957 Google Scholar
  • エプスタイン、d.:ケープコブラの毒の薬理学 (ナジャフラバ). 四半期. j. exp. フィジオール. 20, 7–19(1930)Casgoogle Scholar
  • ファウスト、e.s.:überdasophiotoxin aus demギフトder ostindischen brillen-schlange cobra di capello. アーチ. Pharmakol. exp. パトル. 56, 236–260(1907)Casgoogle Scholar
  • フェイラー、j.:Cobra Poisonのアクションについて. エディンブ. 医薬品. j. 14, 522–529、915–923、926–1011(1868–1869)Google Scholar
  • フェイラー、j.:スネークビットからの死亡。セッションのレポートから凝縮されたトライアル. Ind. 医薬品. ガス. 4, 156(1869)Google Scholar
  • Feoktistow、a.e.:einevorläufigemitteilungüberdie wirkung des schlangegriftes auf den thierischen Organimus. 同じ. アカデミー. 防水. SCI. (サンクトペテルブルク) 36, 1–22(1888)Google Scholar
  • フレックスナー、s., guchi、h.:溶血、細菌溶解、毒性との関係にあるヘビ毒. j. exp. 医薬品. 6, 277–301(1902)PubMedcasgoogle Scholar
  • フレックスナー、s., guchi、h.:ヘビ毒における複数のサイトリシン. j. パス. 10, 111–124(1905)Casgoogle Scholar
  • フォンタナ、f.:1781年、ヴァイパーの毒、フィレンツェ、Mによって引用された論文. 「フランスのヴァイパーズ.」パリ:1940年のGoogle Scholar
  • フレイザー、j. vs.:ゴールドブランチ. パリ:L. Geuthner 1924 Google Scholar
  • フレイザー、t.r., エリオット、r.h.:海の毒の作用の研究への貢献. 行く. 私. の毒 Enhydrina Valakadian そして 拡張器のcurtus. フィル. トランス. r. 靴下. ロンド. [Biol.。 197, 249–279(1905)Google Scholar
  • フレイザー、t.r., ガン、j. もっている.:毒の行動 Sepedon Haemachatus 南アフリカの. Proc. r. 靴下. ロンド. [Biol.。 81, 80–81(1909)Casgoogle Scholar
  • Gauthier、a.:の毒 トリプルのナジャ インドから. ブル. アカデミー. 医薬品. (パリ) 10, 947–958(1881)Google Scholar
  • Geoffroy、e. f., フナウルド、i.:オリーブオイルがVipers Biteに対して特定のものであるかどうかを調べる回想録. パリ1737、mによって引用. 「有毒な動物と毒.」パリ:マッソン1922 Google Scholar
  • ヘルモント、f.m. van:Viper Venomの病原性は動物が怒っているためであるという意見に関する議論. Orthus Medicinae Amsterdam(1648)、「科学の歴史」、Pleiade百科事典で引用. パリ:ガリマード1957 Google Scholar
  • ハウスセイ、b. もっている., ソルドリ、a.:血液凝固に対するヘビのin vitro作用. vs.r. 靴下. Biol. (パリ) 81, 12–14(1918)Google Scholar
  • ハウスセイ、b. もっている., ソルドリ、a.:血液凝固に対する毒の作用. j. フィジオール. パス. gen. 18, 781–811(1919 a)Google Scholar
  • ハウスセイ、b. もっている., ソルドリ、a.:SerpientesのSober Los Sebre Los Venenos. v. インフルエンザ・デ・ロス・ヴェネノス・デ・セルピエンテス地味な血液凝固. 生体内でのアクション. レビュー. インストール. バクト. (ブエノスアイレス) 2, 151–188(1919b)Casgoogle Scholar
  • ユング、l.g.:男と彼のシンボル. パリ:r. Laffont 1964 Google Scholar
  • カンタック、a. もっている.:コブラ毒の性質について. j. フィジオール. (ロンドン.))) 13, 272(1892)Casgoogle Scholar
  • カウフマン、m.:Viper Venom. パリ:マッソン1889 Google Scholar
  • ケラウェイ、c.h.:ヘビ毒:周辺のアクション. ジョンズ・ホプキンス・メッド. j. 40, 18–39(1937)Google Scholar
  • ケラウェイ、c.h., チェリー、r.o., ウィリアムズ、f. e.:オーストラリアのヘビ毒の周辺作用. Aust. j. exp. Biol. 医薬品. SCI. 10, 181–194(1932)Casgoogle Scholar
  • Kyes、p.:überdiewirkungsweise of cobragiftes. クリン. wschr. 39, 886–918(1902)Google Scholar
  • Kyes、p.:überdiedie esolaidierig von schlangengift-lecithidian. クリン. wschr. 42–43, 1–16(1903)Google Scholar
  • laceped、b.:ヘビの自然史. パリ:a. g. Demarest 1855 Google Scholar
  • Lacerda、J.b. DE:ブラジルのヘビの毒に関するレッスン. Rio de Janeiro:Lombaerts 1884 Google Scholar
  • Lacerda、J.b. de:Adisamento as Investigae experimentais soberaçaodoveneno da Bothrops jararaca. Clinico E Microscopico do Veneno. Arq. ミューズ. ナシオナル(リオデジャネイロ) 2, 15–17(1877)Google Scholar
  • 子羊、g.:血液の凝集性に関するヘビ毒の作用について. Ind. 医薬品. ガス. 36, 443–455(1901)Google Scholar
  • 子羊、g.:コブラの毒の行動について (トリプルナジャ) そしてダボイア (Russellii Vipera) 赤い腹部と血漿上. SCI. 同じ. 医薬品. サニット. de. 政府. (インド) 4, 1–45(1903)Google Scholar
  • 子羊、g., ハンナ、w.:ラッセルの毒蛇の毒に関するいくつかの観察 (russellii daboia). j. パス. 8, 1–33(1902)Casgoogle Scholar
  • リンネ、c. von:レグナ・トリア・ナトゥラエ、セキュリティクラス、叙階、属、種、兼性格は異なる、同義語、軌跡. 10番目. ホルミア:Laurentius Salvius 1758 Google Scholar
  • マーティン、c. j.:私たちはオーストラリアの黒いヘビの注入によって生成される血液への影響です (Pseudechis porphyriacus). j. フィジオール. (ロンドン.))) 15, 380(1893)Casgoogle Scholar
  • マーティン、c. j.:オーストラリアのヘビの毒の皮下注射と静脈内注射によって生成される効果の顕著な異なるものの説明. Proc. r. 靴下. ない.s. ウェールズ、1896年、m. 「有毒な動物と毒.」パリ:マッソン1922 Google Scholar
  • マーティン、c. j.:ろ過によって類colloidを晶質から分離する方法があることに注意してください. Proc. r. 靴下. ない.s. ウェールズ、1896年、m. 「有毒な動物と毒.」パリ:マッソン1922 Google Scholar
  • マーティン、c.j., スミス、J.m.vs.g.:オーストラリアのブラックヘビの毒. Proc. 靴下. ない.y. ウェールズ 26, 240–264(1892)Google Scholar
  • Mellamby、J.:血液の凝固. ヘビ毒、ペプトン、リーチ抽出物の作用. j. フィジオール. 38, 442–503(1909)Google Scholar
  • ミントン、s. もっている., Jr., ミントン、m.r.:有毒爬虫類. ニューヨーク:チャールズ・スクリバーの1969年のGoogle Scholar
  • ミッチェル、s.w.:関係する臓器の解剖学と生理学の調査を伴う、ラトレスネイクの毒に関する研究. スミソニアンの貢献. ノウル. 12, 1(1860)Google Scholar
  • ミッチェル、s. w.:ラトルネーキ毒の毒性に対する実験的貢献. ない.y. 医薬品. j. 6, 289–322(1868)Google Scholar
  • ミッチェル、s. w., ライハート、e. t.:スンカーズの毒に関する典型的な報告. 医薬品. ニュース(フィラド.))) 42, 469(1883)Google Scholar
  • ミッチェル、s.w., ライハート、e.t.:有毒なヘビの毒に関する研究. スミソニアの貢献. ノウル. 26, 1–186(1886)Google Scholar
  • ミッチェル、s. w., スチュワート、a.h.:毒の作用研究への貢献 Crotalus adamanteus 血に. トランス. 医師大学、フィラデルフィア、1898年、3番目のSer., いいえ. 19、p. 105、mによって引用. 「有毒な動物と毒.」パリ:マッソン1922 Google Scholar
  • モロウィッツ、p.:überdiegerinnungshemmende wirkung of Kobragiftes. dtsch. アーチ. 医薬品. クリン. (ライプツィヒ) 80, 340(1904)Google Scholar
  • モロウィッツ、p.:Die Chemie der Blutgerinung. エルゲブ. フィジオール. 4, 307(1905)Google Scholar
  • マイヤーズ、w.:ワッサーマンの新しい免疫理論に関連するコブラ毒. ランセット 1898 ii, 23–24 Google Scholar
  • NOC、f.:ヘビのさまざまな毒の生理学的特性について. アン. インストール. 牧師 18, 387–406(1904)Google Scholar
  • guchi、h.:ヘビ毒. ワシントンd.vs.:Carnegie Institution 1909 Google Scholar
  • Payen、a., 個人的には、j.:ディアスターゼのメモリ. その反応の主な製品と工業芸術への応用. アン. チム. 物理的な. 53, 73(1833)、yによって引用. 「発酵」のシェーファー.」パリ:マッソン1929 Google Scholar
  • 骨盤、a.:私たちは毒をコブラします. Proc. ロイ. 靴下. ロンド. [Biol.。 27, 17(1878)Google Scholar
  • Phisalix、c.:バイパーのエキドナーゼとエクニドノバッチンの分離の新しいプロセス. vs.r. 合計. 医薬品. (Moscva)(1897)Google Scholar
  • Phisalix、c.:Viperの血液の毒と凝固性. vs.r. 靴下. Biol. (パリ) 51, 834–837(1899)Google Scholar
  • Phisalix、c., バートランド、g.:Viper Venomに対してワクチン接種された動物の血液の抗毒性特性について. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 118, 356–358(1894)Google Scholar
  • Phisalix、m.:有毒な動物と毒. パリ:マッソン1922 Google Scholar
  • Phisalix、m.:Vipers de France. パリ:株式1940 Google Scholar
  • ラゴツィ、v.:gifters der of Giftes der トリプルのナジャ. アーチ. パトル. アナット. フィジオール. 122, 201–234(1890)Google Scholar
  • ラモン、g.:アナトキシン. vs.r. アカデミー. SCI. (パリ) 178, 1436–1439(1924)Casgoogle Scholar
  • 赤、f.:観察者Intorno Ali Vipera. フィレンツェ1664 Google Scholar
  • 赤、f.:suas biperasのsuas観察におけるエピストラス広告のアリクス反対派の事実. スクリプトd. アレックス. Mousとd. abb. ペレット. アムステルダム1675 Google Scholar
  • ロジャース、l.:コルブリンとビペリンヘビ毒液の生理学的作用と解毒剤. フィル. トランス. ロイ. 靴下. ロンド. [Biol.。 197, 123–191(1904a)Google Scholar
  • ロジャース、l.:体にヘビの毒の作用. レビュー. SCI. 1, 377–378(1904b)Google Scholar
  • ローゼンフェルド、g., ケレン、e.m.もっている.:動物の貪欲、啓発、治療の書誌. サンパウロ:Instituto Pinheiros 1969 Google Scholar
  • Sewall、h.:ガラガラの毒の予防接種を実験します. j. フィジオール. (ロンドン.))) 8, 203–210(1887)Casgoogle Scholar
  • Stawska、b.:そのコブラの毒を研究します. 論文:Lausanne 1910 Google Scholar
  • スティーブンス、j.w.w., マイヤーズ、w.:血液上のコブラ毒の作用。受動的免疫の研究への貢献. j. パス. 5, 279–301(1898)Google Scholar
  • Venkatachalam、k., ratnagiriswaran、a.ない.:インドのコブラの毒に関する観察を経験した経験. Ind. j. 医薬品. res. 22, 289–294(1934)Casgoogle Scholar
  • Viaud Grand-Marais、a.:VendéeとLower Loire Shenkesに関する医学研究. インプ. vve mellinet編集., Nantes(1860–1868)Google Scholar
  • ワグラー、j.:natürlichesシステムder amphibien、mit vorangerher分類dersäugethiereundvögel. München1830Google Scholar
  • 壁、a. j.:インドのヘビの毒. 彼らの性質と効果. ロンドン:w. h. アレン1883 Google Scholar
  • Wolfenden、r.ない.:有毒なヘビの毒の性質と作用について. 私. インドのコブラの毒 (トリプルナジャ). j. フィジオール. (ロンドン.))) 7, 326–364(1886 A)Google Scholar
  • Wolfenden、r.ない.:私たちはコブラ毒のいわゆる構成を「コブリン酸」. j. フィジオール. (ロンドン.))) 7, 365(1886b)Casgoogle Scholar